うさぎの飼い方!食べ物の与え方と種類について

うさぎの飼い方で気になるのが食べ物はどんなもので、どのように与えればいいかだと思います。

うさぎは人参が大好物と思ってる人も多いですが、実はたくさん食べていいものでもありません。

うさぎの飼い方における食べ物の与え方と種類についてお伝えします。

うさぎへの食べ物の与え方

うさぎの飼い方ではメインの食べ物は牧草とペレットと呼ばれるものです。

この2つはいつでも食べられるように常に切らさないようにして下さい。

ただ、うさぎによってはペレットを食べ過ぎてしまうことがあるので、その場合は朝と夜の2回に分けてあげます。

適切な量は製品によって変わるので、しっかりとパッケージを確認して下さい。

なお、表記がよく分からなかったという場合は体重の2%から3%を目安にしましょう。

野菜や果物はおやつやご褒美として少量だけ与えるのが基本になります。

基本的に野菜や果物はうさぎにとっては栄養があり過ぎるので、与え過ぎると調子を崩すことがあるので注意が必要です。

与えてもいい食べ物と与えてはいけない食べ物

牧草とペレット以外で与えてもいい食べ物はブロッコリー、カリフラワー、カブ、レタス、小松菜、人参、りんご、キャベツと様々です。

ただし、レタスやキャベツは水分が多いので与え過ぎると、お腹が緩くなり過ぎて下痢をすることがあります。

りんごは糖質が多過ぎるので、お腹にガスが溜まり過ぎて苦しくなる場合もあるので注意が必要です。

小松菜はカルシウムが多過ぎるので、結石の原因になることもあります。

与えてもいい食べ物とされていても、うさぎにとっては調子を崩す原因になるものも少なくないのが実情です。

野菜を与える時はほんの少しだけを心掛けましょう。

与えてはいけない食べ物はチョコレートなどのカフェインが含まれるもの、ねぎ、たまねぎ、ニラといった野菜類です。

うさぎが食べると中毒症状が出てしまいます。

うさぎの飼い方では何があっても与えないことが大切です。

まとめ

うさぎの飼い方で食べ物は重要です。

基本的に与えていいのはペレットと牧草だけと考えましょう。

うさぎはお腹を空かせないように育てるのが大切なので、常時、ペレットと牧草を食べられる環境にすることが重要です。

野菜や果物も食べさせることが出来ますが、うさぎの体にとっては成分が多過ぎるので、与える時は少量だけにするのが基本です。

ごほうびやおやつとして、また食欲が落ちた時などにあげると喜びます。

逆に、チョコレートといったカフェインが入ったものやねぎ、ニラ、ニンニクは中毒症状が出て、とても危険なので食べさせてはいけません。

うさぎはかじることが基本の動物なので、これらの食べ物はうさぎの手が届かない場所に片付けておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする